スポンサーリンク

【名古屋・名駅】KITTE『HERMES(エルメス)の手しごと展』

シェアボタン

【名古屋・名駅】KITTE『HERMES(エルメス)の手しごと展』のご紹介です。

2017年10月4日から9日まで期間限定で名駅・KITTE名古屋3階で開催されている『HERMES(エルメス)の手しごと展』エルメスの職人たちの作業工程を実際に見ることができる貴重な催しに早速行ってまいりました。

こちらの催しはエルメスのアトリエより職人たちがその情熱と伝統の技の数々をご紹介する為にやってきたイベント。東京・表参道を皮切りに名古屋そして福岡・博多(10/14~19)でメゾンに受け継がれる職人技を披露します。

グローブの作業工程

このような型を使って仕上げられて行くとは思いもせず驚きました。

テーブルウエアのブースでは絵付けをする工程を見ることが出来ます。

様々な用具を使って出来上がるんですね。

鮮やかな赤が印象的な絵付けをしていました。

こちらは時計のケースの中の部品を展示してるアトリエ。時計の内部構造を見ることができます。

緻密な作業工程に思わず息を飲んでしまいそう。

こちらはグレースケリーの名前のついた『ケリーバッグ』の作業工程です。外縫いのケリーを作るようです。素材はスイフトかな?

ケリーバッグの持ち手を作っていました。

職人の座る方向からの風景です。

ケリーバッグがディスプレイされていました。カーフの内縫いの製品です。ケリーやバーキン、ボリードなどのバッグは一人の職人が精魂を込めて約2日をかけて作り上げます。どのアトリエで誰がいつ作ったかのかが分かるよう記号、アルファベット、数字が刻印されています。

こちらはバーキンのストラップの内側。ちょっと見辛いですが、左に数字、マーク、一番右に作成した年が刻印されています。

こちらは左に作成した年、右にアルファベッドの刻印がされています。希少性の高い素材にはスターマークなどの刻印があったり見えない所にも遊び心のある辺りはさすがエルメスです。

バッグなどに使用するレザーのディスプレイ。ヴォーエプソン・ローズリップスティックとカーフ・ルージュ(レッド)系です。

こちらにはネイビーなどのダークカラーとカラフルなレザーがディスプレイされていました。

馬具のアトリエです。

女性職人が鞍の内側にハサミを入れていました。馬が痩せたり太ったりした時に調節が出来るように作られているそう。

ネクタイを作るアトリエや

スカーフの絵柄の構成をデイスプレイされていたり

原画に絵の具で色付けされた貴重なものもあります。

こちらでは染料を使って実際にスカーフがどの様に完成するのか実演しています。

このような機材を使用して作り上げて行きます。

染料を幾度も重ねて素敵なスカーフが完成します。

幾何学模様のスカーフが展示されていました。

作業工程を見ることの出来る時間は1日4回のみです。

KITTE1階にもイベントブースがあり立体的に撮影出来るコーナーがありました。

私も1枚撮って頂きました。

横から見ると何の事?と思うようなスタンドですが正面から見ると先ほどのようなロゴが現れる楽しいブースでした。

私たちが知っているエルメスは本当にごく一部。全てに置いて一流なのが納得出来る素晴らしい展示会でした。大切に大切に使わなくちゃ!と改めて思いました。

楽天スーパーセール

HERMES (エルメス)の手しごと展

会期 2017年10月4日(水)~9日(月・祝)

会場 KITTE名古屋3階JPタワー名古屋ホール&カンファレンス

入場料 無料

開催時間 11:00~19:00(最終日は18:30まで)

カスタマーサポート
TEL:03-3569-3300

名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋

スポンサーリンク

シェアボタン