スポンサーリンク

天むすで有名な千寿(せんじゅ)と地雷也(じらいや)名古屋めし特集

シェアボタン

今回は名古屋名物・天むすのご紹介です。天むすとは海老の天ぷらをご飯に包んだ握ったひと口サイズのおむすびです。

天むすと言えば?名古屋人なら大抵どちらかのお店を思い浮かべます。

千寿

昭和30年代初め、三重県・津が発祥とされており暖簾分けした名古屋・大須で名古屋名物・天むすとして人気になったそう。

地雷也

昭和63年、名古屋・栄地下街にオープン。現在もこちらの店舗では店内で作りたてを頂く事が出来ます。

まずは元祖天むす・千寿から

私が初めて食べた天むすはこちらの天むすです。子供のころ、母とデパートに行った帰りに必ず購入して自宅で頂く。これが我が家の定番でした。今は栄三越の地下で購入しています。栄三越で販売されている天むすは国際センター店で作った天むすを運んで来ているそうです。先日購入した際、「国際センターのお店は作りたての天むすを是召し上がって頂けますので是非お立ち寄り下さいませ〜。」とお声をかけていただきました。

千寿の天むすは、艶々のご飯はひと粒ひと粒ホロホロと崩れる位の加減で握っていて、海老の天ぷらはプリプリ。絶妙な塩加減に海苔の香り。すべて上質な素材を使っている事が分かる元祖天むすです。きゃらぶきと言う棒状の甘辛く味付けされたお漬物が添えられています。

楽天スーパーセール

地雷也 天むす

夫ʕ•ᴥ•ʔちゃんの母はこちらが好き。我が母もいつ頃からか地雷也の天むす派になり実家に帰る時はこちらの天むすを購入して帰っています。

小海老の天ぷらはほんのりスパイシーでご飯はギュッと握られています。こちらの方千寿よりやや小振りですが、天ぷらはこちらの方が大きいような…。きゃらぶきは甘辛とピリリと辛いものの2種類がありどちらかが添えられています。

以前、栄の地下街の店内で頂いた時に作る様子を見た事があります。ご飯にシーズニングをまぶしスパイスの効いた小海老の天ぷらをご飯でひとつひとつ丁寧に包み込み握っていした。

千寿と地雷也の最大の違いはお弁当です。千寿は天むすのみを販売しています。一方、地雷也は天むすのご飯が選べたり(高菜めし・黒米)、天むすとおかずがセットになったお弁当を販売しています。

徳川(焼き魚)

白河(鶏肉のつみれ)

花てまり(天むす3個のミニ弁当)

そのほかにも数種類のお弁当があります。

実は私、必ず週に1度は栄三越の地下の地雷也で徳川・白河・花てまり(時々)を購入しています。夫ʕ•ᴥ•ʔちゃんの母が”毎日でも食べたい位好き”なお弁当なんです。今やすっかり常連です。スタンプカード、もちろん持っています。

高島屋地下1階の地雷也では高島屋限定の世界の山ちゃん✖️地雷也のコラボ弁当が販売されています。

この記事を書きながら千寿の天むすが食べたくなって来ました。今日はパトロール後に天むすを買ってお家に帰ろうかしら♡ 思い立った時すぐに購入できる所も私にとって千寿・地雷也両者天むすはとても身近な存在です。

名駅のGRANDO KIOSKでは、千寿・地雷也の天むすを購入することが出来ます。

楽天スーパーセール

スポンサーリンク

シェアボタン